自作パソコン 情報ガイド

OSのインストール

一旦パソコンを立ち上げてBIOSなり起動画面なりにしてCDドライブにOSのディスクを入れてシャットダウン します。 その後再度電源を入れるとOSのセットアップ画面が始まります。

OSインストール中

基本的には「次へ」などで進んで行きます。 こちら側の裁量が必要な場所は「パーティションの構築」「OSインストールするパーティションの選択」。 OSの基本インストールが終わると、XPの画面での設定になります。これは見慣れた画面ですし、 答えていくだけなので意外と問題なく終わると思います。 ちょっとわからないで迷うのは「キーボードの種類」くらいでしょうか。日本語キーボードを選んでおけば大丈夫です。

パーティションの構築

進めないところがここの部分。搭載しているハードディスクのパーティションを設定して、OSが入る領域の作成 を行います。(一般的にCドライブと呼ばれているもの)。2つに区切るとたいていはCドライブ、Dドライブになると思います。

パーティション

パーティションの設定は、画面を見ながら行いますが、500GBのハードディスク1つで構築するのであれば、40GB くらいでCドライブ、残りでDドライブとしています。OSを入れるところとデータを入れるところを分けたいとい う理由でそれ以外の理由はありません(断片化の具合などが変わりますが)

やり方は、画面の説明をよく読んでください。 ちなみに、パーティションに関しては、この画面上であればいくらでも切りなおしが可能です。

パーティションを分けたらCドライブに対してOSインストールを行います、またここから基本的には気にせず進 むボタン。ハードディスクのフォーマットが始まりOSのインストールが始まります。ドライブの読み込み性能、 ハードディスクの書込み性能が遅いと、結構時間がかかります。

またOSが途中でエラーを起こしたりする場合、結構メモリとの相性等ハードウェア相性が怪しい事が多いです。 そうなった場合は、原因追求になります。

最後の方に、パスワードの設定などがありますが基本的には考える必要は無いと思います。大体1時間くらい で完了すると思います。見慣れた?windowsの画面が表示されたらOSのインストールは終了です。

▲ページ上部へ