自作パソコン 情報ガイド

マザーボードの選び方

マザーボード(m/b)の選び方
ASUS P5Q-E

CPUが決まったら、マザーボード(M/B)を選びます。ちなみにマザーボード単体を見るとチップセットから選ぶべきかもしれませんが 個人的にはCPUを選んでからいつもマザーボードを選んでいます。 このページではマザーボードの選び方などについて、下記の項目を説明しています。

  • マザーボードを選ぶポイント
    • 自分の選択したCPUを知る
    • チップセットから条件を知る
    • オンボードの有無
    • フォームファクターについて
  • 最後に

スペックの読み方とポイント。ASUSから発売されているマザーボードP5K-Eを例にしてみたいと思います。 こちらのページにP5K-Eのスペックシートを作成しました。 (新しいウインドウが開きます)

マザーボードを選ぶポイント

自分の選択したCPUを知る

購入予定のCPUに対応したマザーボードを選択しなければなりません。 マザーボードには対応FSB、対応ソケットなどの情報があります。 自分のCPUのFSB、対応ソケットを調べておきましょう。条件を満たすマザーボードを探しましょう。

チップセットから条件を知る

ソケットをあわせれば物理的にマザーボードにCPUを装着することが可能になります。 またFSBが対応範囲内であれば一致条件が増えました。基本的にはマザーボードのスペックは、 チップセットに準拠しているので、この時点でもほぼ大丈夫なのですが、P5K-Eに搭載されているintelP35チップセットが 自分のCPUが利用できるか確認をします。

ソケットとチップセットを確認すればまずCPUとマザーボートは繋がったことになります。 ちなみに店頭やWEBサイトで購入する際などは、基本的にどんなCPUに利用可能ですというのが表示されてますので そこでも確認してみましょう。(特に店頭だと、ポップや外箱に対応CPU一覧を貼り付けている場合が多いです)

オンボードの有無

オンボード、マザーボード上に機能が搭載されている機能のことをさします。 大抵の場合、LAN、オーディオ、グラフィック機能の有無を調べます。 (他にIEEEが必須な人はその項目も)
また例えば高性能なグラフィックを利用したい場合など オンボードがあっても利用しないで別途購入するという選択肢もあります。

今はサウンド機能とLAN機能はほぼ付いていると思います。 グラフィックが本当に必要ない人はオンボード機能が付いているものを選ぶと安上がりに済みます。 ちなみにP5K-Eにはオンボードグラフィックが付いていませんので、別途ビデオカードを購入する必要があります。

フォームファクターについて

一般的ではないかもしれませんが、利用したいケースが決まっている場合、フォームファクターを先に絞り込む必要があります。 例えば「おしゃれな小さいリビング用のパソコンを自作したい」という場合は、まず先にケースを選択すると思います。 現在、一般的に流通量が多いものはATXという規格のもので、スリムケースや小型ケースの場合はmicroATXという規格を利用する場合が多いです。 その場合は、まず先にフォームファクターを選択してください。ただしATX以外だと製品選択の幅がグッと狭くなります。

最後に

以上が、簡単な説明になりますが、例えばSerial ATAが8つは欲しいなど個別の要望があると思います。 このページに関しては、間違わないで購入が出来る程度です。あとはスペックシートや他の購入予定のパーツ・希望の要件を明確にして、 要件を満たすものを総合的に判断するのが良いと思います。

チップセットが何か、ソケットが何かというのがわかればマザーボードは最後に確定させても問題ないでしょう。

▲ページ上部へ