自作パソコン 情報ガイド

パソコンパーツの解説

パソコンの基礎知識から部品の紹介、各種必要なパソコンパーツの役割などを解説しております。 各パーツの解説は左のメニューより見ることが出来ます。

パソコンの処理で利用するパーツ達

パソコンはプログラムで動いています。プログラムを実行して私達に結果を表示させています。 基本的にはCPU(中央処理演算装置)によって処理を実行します。 そのCPUに「この処理を行ってください」といって順番待ちをしているところがメモリ(主記憶装置)です。

記憶装置としてはハードディスク(補助記憶装置)などでもよいのですが、 物理的なディスクであることや、転送ケーブルを通すことからデータの転送速度が遅く、CPUの処理速度に追いつかないので 基盤上の専用の線で結んだCPUとメモリによって基本的に処理をしていると考えて良いでしょう。

ハードディスクについては、処理とは関係ない部分、データの保存ということで利用します。またそれらを物理的に結ぶのがマザーボードになります。 またそれらに電気を供給するために、電源が必要になります。

目的に別に利用するパーツ達

上記にありますとおり、ハードディスクはデータを保存する目的のパーツです。他に映像を出力するためにビデオカード。 ディスクメディアの情報を読み込むためにCDやDVDドライブ、音声を出すためにサウンドカードなどが必要になっています。

自作パソコンではそのほかに利用するために、基盤などを収納するためのパソコンケース、マウスやキーボードのなどの入力デバイス。 ディスプレイなどの出力デバイスが必要になってきます。

必要なパーツまとめ

  • CPU
  • メモリ
  • マザーボード
  • ハードディスク
  • 電源
  • グラフィックカード
  • サウンドカード
  • ドライブ(CD/DVD)
  • パソコンケース
  • 液晶ディスプレイ
  • キーボード・マウス

グラフィック、サウンド機能等がマザーボードに搭載している場合は、高性能などの要望がある場合は別途購入が必要になりますが、購入は不要です。 また目的に応じたデバイスがさまざま発売されています。例えばハードディスクを増設したい場合にはSATAボードを買うとか。 上記は最低限パソコンが普通に利用できるという意味での必要なパーツになります。

▲ページ上部へ